おならが止まらない病気、臭くなる病気

おなら.jp



HOME > おならが止まらない病気、臭くなる病気

● おならが止まらない病気、臭くなる病気

体の不調などが原因で、おならが出やすくなる場合があります。
また、生まれつきおならが出やすい体質の人も少なくありません。
おならを我慢することはストレスになるばかりでなく、頭痛や腹痛の原因にもなります。
しかし、だからと言って人前で臭いおならをすることは避けたいものです。

また、おならを我慢することで溜まった腸内ガスは、
腸で吸収されると血管内を通り肺から放出されます。
そして、この肺から放出されたガスが、きつい口臭の原因になってしまうのです。

おならの回数が多いことで悩んでいる人は少なくありませんが、
成人の平均的な1日のおならの回数が、5回から20回といわれています。
ですから、1日に20回を大きく超える回数のおならをするようであれば、
おならの回数は人より多いといえるでしょう。

おならは生理現象であるため、おならの発生を抑えることは不可能だといえます。
しかし、おならの臭いを物理的に抑えることは可能なのです。

おならの悩みは、消臭パンツであるガスメディックパンツが解消してくれます。
おならの臭いを99%消臭してくれるガスメディックパンツを着用していれば、
おならの臭いを心配する必要はありません。

ガスメディックパンツで使用されている活性炭フィルターは、
最先端テクノロジーに基づいて開発された特別なものです。
最先端テクノロジーが、あなたをおならの悩みから救い出してくれるのです。
1日でも早くおならの悩みから解消されるために、ガスメディックパンツのご利用を強くお勧めします。

慢性胃炎になると腸への負担がかかり、おならが出やすくなります。投薬によって慢性胃炎による症状の改善は可能ですが、根本的な治療法はまだ見つかっていません。

・・・つづきはこちら

呑気症とは、大量の空気を吸い込んでしまうことで起こる胃の不快感やお腹の張りなどの症状が起きる病気です。呑気症になると、おならが多くなってしまいます。

・・・つづきはこちら

便秘になるとおならが出やすくなる人は少なくありません。便秘中のおならは臭いがきついのが難点です。食生活の改善で、慢性的な便秘は改善できます。

・・・つづきはこちら

大腸に潰瘍やびらんができる病気を潰瘍性大腸炎といいます。潰瘍性大腸炎になると、おならが臭くなります。男女ともに、20代での発症率が高い病気です。

・・・つづきはこちら

腸の壁外に大腸の粘膜の一部が飛び出したものを大腸憩室といい、それが多発したものを大腸憩室症といいます。高齢者に多い病気で、食生活が原因ともいわれます。

・・・つづきはこちら

大腸がんは日本では肺がんに次いで2番目に多いがんになります。肥満の人は大腸がんになりやすく、飲酒や喫煙、赤肉や加工肉の摂取で発生リスクが高まります。

・・・つづきはこちら