慢性胃炎でおならが止まらない

おなら.jp



HOME > おならが止まらない病気、臭くなる病気 > 慢性胃炎でおならが止まらない

● 慢性胃炎でおならが止まらない

慢性胃炎とは、ピロリ菌の長期感染が主な原因といわれている胃の炎症をいいます。
主な症状は、上腹部の不快感や食欲不振などです。
この慢性胃炎になってしまうと腸への負担が大きくなってしまうため、
食べたものが腸で異常発酵され、それが原因でおならが出やすくなってしまいます。
また、腸への負担が長く続くと腸内環境が悪化していきますので、ガスが溜まりやすくなり、
さらにおならが出やすくなるという悪循環に陥ってしまいます。

慢性胃炎は、投薬によって症状の改善が可能です。
しかし、症状は改善されますが、慢性胃炎の根本的な治療法は見つかっていません。
ピロリ菌を除菌することで慢性胃炎の改善が見られたため、
日本ヘリコバクター学会では除菌を勧めいています。

慢性胃炎自体は、さほど深刻な病気ではありませんが、おならが出やすくなるため、
人前での活動が多い人にとっては大きな悩みだといえます。
そんな悩みを抱えながら生活を送ることは、非常にストレスだといえるでしょう。
慢性胃炎の治療法がないのなら、おならの悩みは別のアプローチから解決する必要があります。

消臭パンツのガスメディックパンツなら、あなたのおならの悩みを解決してくれます。
軍の化学防衛服用にも使用されている特別な活性炭フィルターが高い吸臭能力を発揮して、
おならの臭いを99%消臭してくれるのです。

男女兼用のため、ガスメディックパンツは女性の方にも安心してご使用いただけます。
ガスメディックパンツを使用された多くの方からお喜びの声を頂いております。
是非、この消臭パンツを着用され効果を実感してみてください。