呑気症でおならが止まらない

おなら.jp



HOME > おならが止まらない病気、臭くなる病気 > 呑気症でおならが止まらない

● 呑気症でおならが止まらない

呑気症(どんきしょう)とは、大量の空気を吸い込んでしまうことで起こる
お腹の張りなどの症状をいいます。

この呑気症は、20代から50代の女性に多く、
呑気症になるとおならやゲップが多くなってしまう傾向があります。
おならの回数が増えることは、多くの人にとって悩ましい問題だといえるでしょう。
特に女性の方ならば尚更です。

呑気症の主な原因は過度のストレスだといわれています。
人前でもおならが止まらないとなると、それがさらにストレスになり、
呑気症の症状は悪化していってしまいます。

呑気症の治療方法は、リラックスした環境に身を置いてストレスを緩和することです。
また、食道や胃の病気で呑気症と同じような症状が起こることがあるので、
呑気症と決め付けずに、病院で診察してもらうことが肝要です。

ご自分ではリラックスした環境を作ることが難しい場合には、
精神科で診断してもらうことをお勧めします。
精神科でのカウンセリングや薬物療法などで、ストレスの軽減を図っていきましょう。

呑気症の治療を行っても、すぐに症状が改善されるわけではありません。
ですから、即効性のある対策が必要だといえます。

消臭パンツのガスメディックパンツを着用することで、おならによる匂いの悩みから解消されます。
この消臭パンツのは男女兼用ですから、女性の方にもお使いいただけます。
おならの悩みが解消されることでストレスの軽減が図れ、
呑気症の症状が軽減されたという報告もあります。

おならの臭いを99%消臭するガスメディックパンツは、
呑気症が原因でおならが多い方の強い味方になるはずです。