潰瘍性大腸炎でおならが臭くなる

おなら.jp



HOME > おならが止まらない病気、臭くなる病気 > 潰瘍性大腸炎でおならが臭くなる

● 潰瘍性大腸炎でおならが臭くなる

潰瘍性大腸炎とは、大腸に潰瘍やびらんができる病気で、特定疾患のひとつでもあります。
おならの臭いの原因は、腸内にいる悪玉菌がたんぱく質を分解する際に、インドール、スカトール、
アンモニアなどの臭いのあるガスを発生させるからです。

臭いの元になる動物性たんぱく質を食べ過ぎることも、おならを臭くする原因のひとつになります。
このように、おならが臭いのは仕方のないことですが、異常に臭いおならが続く場合は、
病気の可能性があるので注意が必要です。

潰瘍性大腸炎になると、おならが臭くなります。
日本では、男性で20~24才、女性で25~29才という年齢層が、
潰瘍性大腸炎の発症が高い年齢層になります。

上記の年齢に該当する方で臭いおならが続いているようなら、
潰瘍性大腸炎の疑いがあるといえます。
潰瘍性大腸炎の治療は、薬物療法が基本になります。
おならが臭くなる原因は潰瘍性大腸炎だけではないので、臭いおならが続くようなら、
病院で検査を受けることが賢明でしょう。

臭いおならは、周囲に迷惑が掛かるので悩ましいものです。
病気が原因だとしても、それを理解してくれる人は非常に少ないといえます。
そんなおならの悩みを解決してくれるのが、消臭パンツであるガスメディックパンツです。
サッカー場の約10倍の表面積がある活性炭フィルターが、おならの臭いを強力に吸着します。

おならの臭いでお悩みでしたら、消臭パンツを試してみませんか?
ガスメディックパンツが、あなたをおならの悩みから解放してくれるでしょう。