大腸憩室症でおならが臭くなる

おなら.jp



HOME > おならが止まらない病気、臭くなる病気 > 大腸憩室症でおならが臭くなる

● 大腸憩室症でおならが臭くなる

大腸憩室症とは、大腸の粘膜の一部が腸の壁外に突出する大腸憩室が多発した病気をいいます。
腸管内圧の上昇によって発症するといわれており、高齢者に多い病気になります。
この病気の原因として挙げられるのが、食生活の欧米化です。

肉食中心になり、食物繊維が多く含まれる野菜の摂取量が減ったことで、
腸管内圧の上昇を起こしやすくしているのです。
また、加齢により腸の壁が脆弱してきていることも原因だといわれます。

そのほかに、体質や遺伝、生活習慣などの要因が重なることも、発症の原因に挙げられます。
症状がなければ、大腸憩室症は治療の必要は特にありません。
しかし、何らかの症状が現れた場合には、入院や薬物の投与が必要になります。

大腸憩室症になると、おならが臭くなるという問題が発生します。
臭いおならが長く続くようなら、大腸憩室症を疑ってみましょう。
しかし、臭いおならの原因は大腸憩室症だけとは限らないので、
まずは病院で検査を受けて原因を特定しましょう。

病気の症状は病院での治療が必要ですが、おならの臭いは消臭パンツで解決しましょう。
テレビや雑誌でも取り上げられている消臭パンツのガスメディックパンツを着用すれば、
おならの臭いを気にする必要がなくなります。

軍隊でも採用されている活性炭フィルターのテクノロジーが、ガスメディックパンツの秘密です。
男女兼用で豊富なサイズを取り揃えていますので、おならで悩んでいる全ての方に、
ガスメディックパンツはお試しいただけます。